飲食店メニューはデザインがとても重要!

工夫次第で売り上げUP!飲食店のメニューデザイン

メニューの重要性

メニューのデザインを工夫することによって、お店のテーマやコンセプトを表現したり、ターゲットの客層に合わせたイメージを持たせることができます。 また、季節感を出すことによって、マンネリ化せず特別感が生まれます。 お店の雰囲気にマッチしたデザインにするにはどうしたらいいか、まとめました。

お店のイメージをメニューにあらわす

どの業界でも、商品を売るためには商品や企業に対する印象が重要になります。
企業が広告やCMなどに何千万、何億もかけるのは、印象を操作することで売り上げに大きく貢献できるからです。

特に、飲食店の場合はその傾向が顕著にあらわれます。
「食欲」という人間の本能的な部分に関する業界であることはもちろん、食事は交際や仕事にも使われるツールであり、人々の生活に強く根付いています。
その料理やお店のコンセプトがどのようなものなのかを印象づけることで、売り上げが大きく上がることもあります。

飲食店がお店の印象を操作する場合、お店の外観・内装、BGM、料理の種類などで変化をつけると思います。
しかし、そこで意外と忘れられがちなのが「メニュー」です。

ドリンクや料理が載ったメニューは必ずお客さんの目にとまります。
また、お店の内外装などには多額の費用がかかりますが、自作のメニューなら費用は少なくて済みます。
加えて、お店の外にメニューを出すことによって、どのような料理があるのかを通行人に見てもらうこともできます。
これを利用しない手はありません。

飲食店では、メニューのレイアウトや文章、デザインを工夫することが大切です。
とはいえ、メニューの本質はお客さんに料理の種類を伝えることですので、同時に分かりやすさも考える必要があります。

このサイトでは、売り上げをあげるための、分かりやすいデザインと印象づけのテクニックを使ったメニューの作り方をご紹介します。

セットで注文されやすい商品を注文されやすく

売り上げを伸ばすためには、単品の注文だけでなく、セット商品や複数注文を促進する必要があります。 ですが、これらが離れ離れに記載されていては、注文されるものもされなくなってしまいます。 「ついでにこれも頼んでみようかな」と思わせるためにできる工夫をご紹介します。

売りたいもののインパクトを出す

お店のコンセプトに合わせたデザインで読みやすいメニューにしたのになぜかうまくいかない…そんなときは、視覚に訴えるインパクトが足りないのかもしれません。 もしくは、注目させる箇所を間違っている可能性もあります。 料理の印象を強める方法をご紹介します。

TOPへ戻る